犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々
介護が必要になった愛犬の為、自宅に居ながらお金を稼ぐ方法を試行錯誤。でも冬牙が旅立ってしまい、苦し紛れに会社勤めをはじめました。
ビーグルちゃん救出
昨夜はあまり鳴くこともなく、玄関に入れてもらって、寝返りもさせてもらっていたみたい。

で、家族が仕事にでた後、9時半ごろから鳴き出した。(*_*;

少し様子を見ていたけど、鳴き止む様子もなく、リードが引っかかってる?って心配になって、見に行った。

ヒャー!大変だ!!

庭の周りはフェンスではなく、皐の植え込みで、道路より1.4Mくらいの高さの土地に低い皐の植え込みがある。

そのサツキの植え込みの中に、太い枝を縫うようにして、ビーグルちゃんが挟まっていた。|д゚)

ビーグルママが、リードが引っかかって身動き取れなくなるのを心配して、放して出かけていた。

玄関や植え込みにも入らないように、ブロックで覆いはしてあったんだけど、ほとんど動けない状態なので、そんなに動くとは思っていなかったんだって。

一昨日から腰の調子が悪く、今日は軽いぎっくり腰って状態で、とても犬を助けられる状態ではなかったんだけど、半べそで助けだそうとしたんだけどね。

サツキが入り組んでいるので、出し方も分からず、少しの隙間から首輪を持って強引に引っ張りだそうとしたら、

思いっきり、咬まれた。

そりゃそうだよね、ごめんごめん。

流血の為、手を洗い・・・

私一人では、やっぱり無理だと思って、隣の方の名前を大声で呼んだけど、応えは無し。
反対側は、あの、ラブラドールの故ケリー君家だけど、留守だし・・

このまま、放置して進ませてしまったら、サツキが切れたところで、1,4Mしたの道路に落ちる。
進めるのかは分からないけど・・

何とかしなくちゃ・・

作戦変更で、持って行ったおやつで顔の向きを変え、リードを首輪に掛け、ビーグルが通れる程度の空間のある場所から、サツキの枝を左手で広げ、右手でリードを引っ張り、引きずり出しに成功!

取りあえず、水を飲ませて、身体をさすっても後足が効かず、抱き上げて日陰に移動。

疲れてるだろうから、しばらく眠るだろうと思っていたんだけど、2時間も経たずに鳴き出した。orz


2回目は、私が庭に入ったら、声が聞こえなくなった。

どこにいるのか、見つからない。
腰がさ、普通じゃないのよ、私。って、たぶん口に出していた。(;^ω^)

物置の影や、タイヤの後ろ、荷物の裏とか下とか、みんな見たけど見つからない。

じゃあ、ここだなと、南側のウッドデッキの下、最初に見たけど見つからなかったところを、もう一度チェック。
屈むの大変だってば!

そしたら、南東の角のブロックの陰にぶつかって、身動き取れなくなってるのを発見。
また、引きずり出しにくいところに嵌っていた。

立ち上がることもできないのに、前脚だけで這ってきたんだね。

雨の後のデッキ下はドロドロで、お風呂に入れてあげたかったけど、手にけがしちゃったから、ムリなのよね。

玄関前に、今度はリードでつないで、水を置いて帰ってきたけど、2時に鳴いて呼び出された。


お察しの通り、今度はリードが引っかかって身動き取れなくなってました。orz

どうしたもんかなぁって悩んでいたら、ケリーパパが車で帰宅。

声を掛けたら来てくれた。ホッ。

家の裏にも広い犬走があって、アクリルの屋根がかけてあるから、ここをフェンスをして放しておいた方が良いねって相談して、後は見るから大丈夫って言ってくれたので、帰ってきました。

仕事から帰ってきたビーグルママがありがとう!って来てくれて、今からフェンス探してくるって。

犬好きのご近所さんが多いから、なんとかみんなでサポートしていけそうです。

思い切って、飼い主さんや近所の人に話しをしてよかった。

皆さんも、ちょっと勇気を出して、変な人になってみましょう。(;^ω^)

痴呆の入った老犬は正気の時とは違うので、咬まれないようにご注意ください。

右手の指2本、腫れてきた。
でもって、腕はサツキで擦れて傷だらけ・・




テーマ:老犬介護 - ジャンル:ペット

近所のビーグルが・・
1週間くらい前から、ご近所のビーグル嬢が鳴きつづけてる。

12年前に虹の橋を渡った、柴のロクちゃんがかわいがっていたワンコなので、すでに15歳は超えている。

2年くらい前に、一度危なかった感じでフラフラだったけど、元気になって立ち直っていたんだけど、急に足に来たらしい。

外っ子だからねぇ・・声は響くの。

お隣の人や、犬飼いの皆に声をかけたけど、誰もその家の人に言う勇気(?)はなく・・

はいはい、私が嫌われ役になりますよ。

犬がかわいそうだから、嫌われたってへっちゃらだい!

夜明け前からずっと鳴いていたから、どうしたの?って感じで訪ねてみました。

急に歩けなくなって、寝返りも打てなくなっていた。

犬も3時間くらいすると、寝返りが必要で、動かしてもらいたいんだと思うと伝えてきました。

日中、仕事で留守の時に、あまり鳴いていたら寝返りさせにお庭に入っても良いですか?って許可もいただきました。

動けないだけで、まだまだしっかりしてる感じなので、先は長いけど、ロクちゃんや冬牙の残り少ない友達だから、少しでも本犬が楽なように、自分の心が楽なように、動こうと思います。

夕方、また少し鳴いていたけど、それまでとは比べ物にならないくらい、泣かなくなった。
ってことは、寝返りをさせたり、夜や雨の時は玄関に入れてあげてくれているようです。

可愛がっているけど、鳴く子を前にどうしていいか分からないって感じだったのね。

ま、私だったら、方法が分からなくても、あれこれすると思うけどね。

ちょっとうざいと思われただろうけど、まあいいや。

今夜は眠れそうです・・

テーマ:老犬介護 - ジャンル:ペット

わぁぁぁ、忘れてた!!
先週の木曜日、お姉ちゃんたちが台湾から帰って来た日は、

6月15日、

冬牙の命日だった!!

コロッと忘れてた。

時間って、薬だね。

絶対に癒えない苦しさだと思っていたけど、時間が味方になってくれる。
今、苦しんでる方、楽になる日が来ると信じて、生きていってください。


ま、私の場合、タダの「時間」ではなく、老化も手伝ってくれてるかも。(;^ω^)

日曜日に、姉の運転で名古屋方面にお買い物に行ったんだけどね。

車内で車の話になって、私のポンコツフィールダーが8月に車検なんだけど、8年目の車検を通すことするって話してて、次に買うなら何にするって話から、今まで何に乗っていた?って話になって・・

18で初めて乗ったのがオレンジ色のサニー、1年でダークグリーンのボルボに乗り換えた。

その後・・・思い出せない。(;^ω^)

なんとなく思い出したのが「白い車だった!はず」

「その次にガンメタの車にも乗っていた、ような気がする」

「あれ?赤い車もあったよね?」

色しか覚えていない、残念な私・・orz

どうせこの先もすぐに忘れるんだから、フィールダーでOKだわ。

8年で25000キロしか、走っていないし。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

さくらちゃん、無事保護される
先日、行方不明になった柴MIXのさくらちゃん、隣町で保護されて、無事お家に戻ってきたそうです。

今朝、友人からブログに載っていたと聞きました。

飼い主さんブログ・その後

帰ってきたら、その友人には連絡があると思っていたので、今朝のお散歩でも探しながら歩いていたんだけどね。
友人もブログを見て知ったらしい。(;^ω^)

私の家も連絡先も知らないだろうけど、友人とは仲良く、お散歩途中に家に寄ったりもしていて、夕方一緒に捜索してるのに、どうして見つかったと連絡しないんだろう??

飼い犬がいなくなったら、私たち普通の犬飼いさん達に取ったら一大事。
それがうちの子じゃなくても、友人の子でも、なんとか見つかるように努力する。
今回も、私もたくさんの方に声をかけ、すごく心配もした。

御礼なんて言ってもらわなくてもいいんです。
こっちが同じように、お世話になるかもしれないんだし。

それより、見つかったってニュースは、早く知らせてほしかったなぁ。
一晩でも余分に心配しちゃったし。
友人がブログを見なければ、いまだに心配してるわけだし・・

自分たちがそんなに心配していないから、他人が心配してるって思いもしないんだろうな。

友人も、「そういう人だと思って付き合わなくちゃ」って言ってましたけど・・

なんにしても、さくらちゃんが元気で帰ってきたので、良かったです。

一緒に心配してくださって皆さま、ありがとうございました。_(._.)_

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ありがとう、しっぽちゃん
トーガハーネスで頑張ってくれていた、まりもさん家のしっぽちゃんが旅立ちました。

15歳9か月のしっぽちゃん。可愛いなぁ
ゴールデンの15歳9か月は立派!
しっぽちゃん

「15歳9か月27日、大往生の見事な犬生を閉じました。」

トーガハーネスは使っていても、自分の足で歩いていたし、外見もそんな年には見えなかった。
最期まで親孝行な子でした。
まりもさんの自慢の娘。

最期の日のブログタイトルが・・
有り難う!生まれ変わっても、また家族になろうね!!

まりもさんも、しっぽちゃんも、本当に幸せだったんでしょうね。

私も幸せを分けてもらったような気がします。

しっぽちゃん、ありがとう。

テーマ:老犬介護 - ジャンル:ペット

copyright © 2005 犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.