犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々
介護が必要になった愛犬の為、自宅に居ながらお金を稼ぐ方法を試行錯誤。でも冬牙が旅立ってしまい、苦し紛れに会社勤めをはじめました。
手作りワンコご飯・腎臓病食
腎臓病食は難しいよ。
人間の場合も、腎臓病だと食事療法が半端なく大変らしい。

犬友に借りた本。
手作り犬ご飯の本

腫瘍は取れたので、とりあえず腎臓中心にレシピを考えようと・・

左側の本に、載ってはいました。





タンパク質が分解されてできるりんが、腎臓に負担をかける。
だから犬なのに、タンパク質がダメなのよ。

そんなことは、この本を読まなくても分かってるけど、その上でどんなレシピか知りたかった。

ううーむ、この本ではダメかも・・・

腎臓が悪いと、カリウムを排出できないから、カリウムも極力抑えたいんだけど、この本ではタンパク質の制限のみでカリウムは無視されていた。

一応カリウムの多い食品一覧をもう一度貼っておきます。


でも、イワシに含まれる、イワシペプチドが、腎臓に良いって事は新たに判ったので、読んで良かった。

そうか、イワシかぁ・・

って事で、イワシを6尾、199円で買ってきました。

材料・・・

生のイワシ・・6尾

オカラ・・・・200g

ハクサイ・・・4,5枚

ご飯、適宜


以上です。

まず、イワシの頭を落として内臓も出し、良く水で洗う。
生魚でも塩分を含んでいるから、ここで落とす。
内臓も、カリウムが多そうなので、キレイにします。

イワシが充分隠れる程度の水を沸かし、イワシを煮ます。

煮えたら、一度取りだして、ゆで汁を半分ほどに減らします。
このとき、上に浮いているイワシの脂は、所謂EPAとかのすんばらしいアブラので、捨てないように気をつけて。
オメガ3脂肪酸ってヤツです。

ゆで汁の入ったお鍋に、オカラ投入して、煮る。
その中に、解したイワシの身を入れる。

イワシはご存知のように、背骨と一緒に小骨が簡単に外せるし、骨が残ってしまっても、アジみたいに固くないので安全です。
イワシの骨は、背骨と背ビレの骨だけ、気をつけて外してくだされ。

ハクサイの葉をみじんに近いくらい細かく切って、茹でておく。
細かくしてから煮ると、カリウムが低減されます。
でも、ビタミンも減るけどね。(-_-)

このハクサイをギュッと絞って、メインの鍋へ。

これだけで、一日のカロリーを摂ろうとすると、オカラとイワシと言っても、やはりタンパク質が多すぎるので、ご飯を入れて、増やしました。
食べやすい程度に、ご飯を入れてください。

この時点で、ご飯は得も言われぬゲロゲロな臭い。(-_-)

ワンコは好きかもしれないけど、暖めたり用意したりする、こっちが倒れそう。

それもあって、最後にごま油をたっぷり入れました。(50mlくらい)

これで出来上がり。

4日分に分けて、3日分はビニール袋に入れて冷凍庫へ。

食べなかった犬ご飯


このとき、ちょっとだけ、ゆう君に味見して貰った。
ちょっとだけだったからか、大喜びで食べた。

翌日の朝ご飯から、この手作り食が始まった。
結果、口に入れたあと、吐き出して、逃げた。(-_-;)

ちゃんとチンしたから、冷たい訳じゃない。
だけど、作りたてではなく、食べたくないんだって。

私の努力は水の泡・・・
ルイ君が喜んで食べてくれたから、冷凍庫のストックも持っていって貰った。

ゆう君は、これ、買いました。
楽天最安値。もっと安いところ知ってる?




テーマ:老犬介護 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.