犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々
介護が必要になった愛犬の為、自宅に居ながらお金を稼ぐ方法を試行錯誤。でも冬牙が旅立ってしまい、苦し紛れに会社勤めをはじめました。
台湾屋台料理・作ってみた・その1
1ヶ月過ぎても、いまだに台湾気分が抜けない私。

アレも食べたい、これも食べたいって思っていたのに、食べられなかった物もたくさんあって・・

帰国後もいろいろ作っています。

一番先に作ったのが、芋圓。

芋圓

見た感じ、訳が分かりませんが・・
芋圓を井村屋の小豆、牛乳と合わせただけですが、オイチィ。

芋圓自作
タピオカ粉かサツマイモ粉を使うと良いらしいのですが、そんな物は家にないし近所でも売っていないので、片栗粉、上新粉をだいたいで組み合わせて代用。
芋は菜園で採れた安納芋なので、すっごくおいしい。

モッチモチ、QQって台湾では表します。

豆花風
これも同じく井村屋のあずき缶でお汁粉風の暖かいのを作り、先日ご紹介した、バローの18円豆腐を入れて・・

暖かい豆花の出来上がり。メチャ簡単。
これに芋圓入れると、本格的だよね。

バローの豆腐
バローの大豆のうすーい、充填豆腐。
ゴーヤチャンプルには使えないけど、私はこの薄い味の豆腐が大好き。
大豆の味が苦手なので、これはプルプルしていて、大豆臭くなく食べられます。

牛舌餅
お姉ちゃんが台湾のスーパーで買ってきた、牛舌餅。
いろんな種類があって、日持ちのする箱に入ったクッキーみたいなのもあるし、屋台で売ってるのもある。
これは屋台のに近くて、パイみたいな小麦粉&バターの中に甘い部分があって、かなり不思議。

牛舌餅出来上がり

フライパンで水をかなり入れて蒸し焼きにして、水気を飛ばしてから、ゴマ油&醤油をかけて、みたらし風にして食べました。
あまりに甘く、お醤油をかけないと食べられなかったのです。
でも、美味しくなって良かった。

排骨風煮込み
日本人って五香粉が苦手な人が多いよね。
私も昔は八角とか丁字の香りがすると大好きな中華でもダメだった。
それがいつからか、あまりきついのでなければ美味しいって感じるようになって、自分でも使ってる。

排骨の煮込みは甘辛で煮るときもあるけど、時々酢も足してさっぱり仕上げる。
今回は五香をプラスして、台湾風にしました。
豚の軟骨付きのお肉が、安くて激旨。
ちなみに、五香粉はタイで買ってきてもらった物です。

小吃も作ってるから、レシピと伴に、次回!

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1ヶ月過ぎても、いまだに台湾気分が抜けない私。アレも食べたい、これも食べたいって思っていたのに、食べられなかった物もたくさんあって・・帰国後もいろいろ作っています。一番先に作ったのが、芋圓。見た感じ、訳が分かりませんが・・芋圓を井村屋の小豆、牛乳と合わ...
2012/05/07(月) 12:22:26 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2005 犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.