犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々
介護が必要になった愛犬の為、自宅に居ながらお金を稼ぐ方法を試行錯誤。でも冬牙が旅立ってしまい、苦し紛れに会社勤めをはじめました。
2013,11月 台湾2日目・台南入り
台北をお昼12時40分に出発。

國光バスは途中で人を拾ったり、降ろしたりしながら、高速をひた走り・・

台中かどこかで、トイレストップもあったけど、眠くて意識朦朧だったので、スルー。

予定通り午後5時ごろ、台南に到着しました。

広場っていうより空地みたいなところで皆が降り、ここだよってドライバーさんにも言われ、降りた。
台南駅ではなかったような・・???

もう日が暮れだしているし、空地で客待ちしていたタクシーの運ちゃんを捕まえ、ホテルの地図を見せ・・

ああぁぁぁ・・分からないみたい。
ラブホ上がりの小さなホテルだからな。

あちこち電話して位置を確かめて、「わかった!」ってことで出発。

5分くらい、100元ほどでホテル着。
良かったよかった。

ヒュード ライム ホテル (富得來大飯店) (Fude Lime Hotel)
台南

No.243, Kangle Street, West Central District, Tainan, 700 台湾 ‎0120-996-517 (Japan Toll Free)

朝食付きで、窓付きバスタブ付きのツインが4000円しないのよ。
アメニティも揃っているし、ミネラルウォーターも普通のホテルのように、1日2本用意されてるし、Wi-Fi使えるし、隣の部屋のシャワーの音がうるさいから、私は眠りにくかったけど、姪っ子ちゃんは「静かだった」と言っていたので、眠れる人なら問題なし。

TVは100チャンネル以上見られたのに、NHKがBSしか見られなかったのは謎。

お茶を飲んで、一息ついたら、台南の町へGO!

このホテル、とにかくロケーションが良いの。

ほとんど徒歩圏内で、観光できちゃう立地。

2分歩いて、話題の神農街へ・・

台南

細い短い路地なんだけど、昔の面影が濃く残っていて、雰囲気ある筋。

毎日のように、この道を通っていました。


もう少し歩いて、赤崁楼ツーカンロー
台南
なぜか、ド紫の照明で、驚いた。

昼間はもっと渋くて感じがいいんだけど・・
赤崁楼は4日目に観光した。

この日はもう夕方だから、何か食べなくちゃ。

そうだそうだ、食べなくちゃ!

台南
赤崁楼すぐ横にある、担仔麵で有名な度小月。ドゥシャオユエ

台北にもあるし、空港でも食べられるらしいけど、台南が発祥の地。
本店ではないけど、小汚い感じは否めないけど、おいしそうだったので、ここで食べた。

台南
空いてる席に座って、伝票に食べたいものチェックして渡す。

お料理が出てきて、最期にお金を払う。

順番が違うかもしれないけど、私たちはこのようにしました。

台南

担仔麵を1杯ずつと、青菜のお浸し。
レタスのシャキッとした感じが残ってるくらいのお浸しに、担仔麵に乗ってるひき肉炒めが乗ってるの。

んまーーーーい!  

やるな、台南・・さすがだわ。

最終日、姪っ子ちゃんが度小月本店に行くのだけど、量も少なく、こっちの店の勝ちと言っていました。

安い!うまい!早い!で絶対おすすめ。

ホテルに戻る道すがら・・このお店にも
台南

米なんたらってごはんを指さしオーダー。

もち米の肉ごはんみたいなの。

台南
これも、かなり好みのお味。

ちなみに、このお茶碗、子供用くらいの大きさです。

そこそこおなかも満たされ、歩いてホテルへ。

台南

途中の街あかり、ウェディング関係のお店がいっぱい。
台湾の勢いを感じます。

ホテルに戻っても、まだ8時前。
時間がもったいないので、24時間やってる、大型スーパーへ買い出しに。

カルフールCarrefour 家楽福っていう、フランス系のスーパーへ。

台北でもいつもウェルカムスーパーへ行ってしまうので、カルフールは初めて。

ホテルから歩いて20分くらいでした。

台南

お土産も少し・・

台南
フルーツビールとか・・

台南
大好きなパッションフルーツ初め、数種類のフルーツも。

帰りは荷物が重いのでタクシーで帰ってきたけど、台南ってタクシー少なすぎ。
なかなかつかまらないので、時間に余裕をもって移動しなくては。

2日目は部屋でビールを飲んで、フルーツ食べて、おやすみなさい。

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.