犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々
介護が必要になった愛犬の為、自宅に居ながらお金を稼ぐ方法を試行錯誤。でも冬牙が旅立ってしまい、苦し紛れに会社勤めをはじめました。
黒五和漢のスキンケアbyペリカン石鹸・モニター中①
年末で大忙しゆえ、お肌のお手入れもさぼりがち。

空気が乾燥しきってるから、大きく口を開けると、バリバリゴワゴワって、音がするようなお肌・・。orz

こんな私のもとに、ペリカン石鹸の黒五和漢のスキンケア2点、肌なじみ化粧水&オールインワン美容乳液がやってきました。\(^o^)/

黒五和漢
ペリカン石鹸ファンサイト参加中

まずは名前の黒五和漢ってところから・・

台湾リピーターの私としては、漢方系は好きです。
中国や和漢って言うと漢方だけど、西洋ならハーブだし、インドならアーユルヴェーダだったり。
まあ、同じようなものだと思っております。

でね、中国では、古来より黒い食材が体調を整える「仙人食」として重宝されてきたんだって。
この健康法をヒントにして、5つの黒い成分「黒五エキス」と「和漢エキス」を配合したのが「黒五和漢」シリーズ。

全アイテムを、パラベン・鉱物油・合成香料・着色料は使わずに作ってるから、私みたいに過敏な肌の持ち主にも使いやすい。

黒五和漢

乾燥ストレスから守ってくれるポリフェノールたっぷりの黒五食材は・・
 発酵黒豆 - イソフラボンを含む黒豆を発酵
 黒砂糖  - 自然そのままの巡り食材
 黒カリン - 高原で育ち、生命力の宿る果実
 黒米   - ポリフェノールを含む米
 黒酵母  - ヒアルロン酸の4倍の保水力 

古来から受け継がれてきた肌を健やかに保つ和漢植物は・・
 柘榴   - 古来から女性に愛される果実
 ヒハツ  - 温性の和漢食材として知られる
 生姜   - 和漢で定番の巡り食材
 甘草   - お肌をすこやかに保つ和漢
 ライチ  - 楊貴妃の愛した魅惑の果実

黒五和漢
美味しそうな香りなのか、我が家の黒ラブもクンクン、クンクン・・

黒五和漢
< 黒五和漢>肌なじみ化粧水

洗顔後のまっさら肌にピュアな潤いを与え、お肌の受け入れ態勢を整えます。
便利なスプレータイプ。

KGW-PLT 100ml
¥1,200 (本体価格)


スプレータイプのプレ化粧水で、ベタっとしていないのに不思議な潤い方。
良い感じ。(#^^#)

黒五和漢
< 黒五和漢>オールインワン美容乳液
化粧水・乳液・美容液までこれ一本でOK。寝ている間も外出先でも、一日中もちもちの潤いが続きます。

KGW-ALTN 100ml
¥1,500 (本体価格)


最近はオールインワンジェルが流行っているけど、私、ホラ、皮脂がね、少なめなのでね・・
ジェルは油分がほとんどないので、物足りなくてね。(;^ω^)

このオールインワン美容乳液は、こってりしていて、エイジングケアには良さそうですよ。

お値段がお手頃なのも続けやすいよね。

今朝、初めて使ってみたんだけど、この2点で夜まで潤っています。

でもね、夜のお手入れもこれだけで本当に良いのだろうか?

私、いつもお手入れの最後にスクワランオイルを塗ってます。

今夜、オイルなしでいけるだろうか???

オイルなしで、明日の朝、顔全体が粉ふき芋だったら怖いし・・

どうしようかなぁ・・続きは新年忘れたころに。(*´з`)

そんなに待ってるのは嫌、すぐに欲しいって方は
                   株式会社ペリカン石鹸

テーマ:コスメ・スキンケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント
この記事へのコメント
漢方、私も意外と好きかも…。
とても身体に効きそうな気もしますよね。

犬毛のストラップに魅せられ、トーガさんのブログと出会いました。
年齢も近い(たぶん)ようで、内容にひとり『そうそう!わかるわー』と、突っ込んでいました。
今年はたくさんの情報と、かわいい黒ラブりっくんのブログの更新をありがとうございました…。
来年もたくさんの情報やわんこのおはなしを、楽しみにしています…。
2014/12/30 (火) 21:14:16 | URL | いぬのぶーさん #-[ 編集]
ありがとうございます
いぬのぶーさん様

こちらこそ、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。
2014/12/31 (水) 19:36:10 | URL | トーガ #Z1Pn906.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.