犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々
介護が必要になった愛犬の為、自宅に居ながらお金を稼ぐ方法を試行錯誤。でも冬牙が旅立ってしまい、苦し紛れに会社勤めをはじめました。
御嶽山・捜索終了
昨日は腰痛のため、名古屋に行けなかった。orz
体調不良がいつまで続くのやら・・

御嶽は5人の不明者を残して、捜索が終了しちゃいましたね。

長野・岐阜両県の隊員の皆さん、本当にお疲れ様でした。

家族(遺族?)の方たちは、もっと続けてほしいでしょうけど・・

スコップの金属が割れるほど、コンクリートのように固まった灰を崩し続け、噴煙たなびくリスクの中、これ以上を望むのは・・・

朝日新聞に・・
(行方不明者と)一緒に登山していた友人の男性会社員(47)は、「自分ができるのは、見つかることを祈るだけだった。捜索が終わっては祈ることもできない。もっと続けて欲しい」と話した。

噴火がおさまって、山頂に行けるようになったら、友人知人を集め、ご自身で探してみてほしい。
どれだけ大変な捜索か、分かるでしょうから。

自分たちでは無理だと思ったら、1日でも民間の山岳救助を要請してみてほしい。
どれだけの費用が掛かるか、分かるでしょうから。
費用が掛かるってことは、それだけ大変な捜索を続けてきたってことが、実感できるでしょうから。

御嶽山の噴火は、不幸な偶然が重なって、信じられない犠牲が出てしまったけれど、捜索隊のように、仕事で嫌でも登らなくてはならないのとは違ったわけで。
火山に登るリスク、火山じゃなくても登山するってことはリスクのあるレジャーなのだから、自己責任の部分もあると思うのですよ。

まあ、御嶽が突然、あんなに大きな噴火をするとは思わなかったけどね。
私は、御嶽に登るって恐ろしいことは考えたことがない。
一度御嶽にスキーに行って、地震の跡が生々しく、恐ろしくなって以来避けてます。
トレッキングは好きだけど、火山は避ける。
だから富士山にも登れていない。(*´з`)
南海トラフで危なそうなところにも、行きたくない。

こんなこと書いてると、観光の風評被害を助長するって怒られそうだけど、ホントに風評被害か?

若いころ、驚くほど向う見ずだったけど、歳を重ねるごとに慎重になってきた。
自分の体が無理が利かなくなって、いざというとき真っ先に死ぬなって思うし、川に流されたり、スキー場でほぼ滑落状態ってのを経験して、自然の力には抗えないと悟った。

夏休み期間中、台風やゲリラ豪雨で天候が荒れるらしい。
夏山の遭難や水の事故、気を付けてほしいです。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.