犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々
介護が必要になった愛犬の為、自宅に居ながらお金を稼ぐ方法を試行錯誤。でも冬牙が旅立ってしまい、苦し紛れに会社勤めをはじめました。
イギリスの国民投票
いよいよですね。

日本の市場はイギリスがEUに残留すると判断したようですね。
まあ、私も残留すると思うんですけどね。

私だったらどっちに投票するかなぁって考えてみた。

一時的には混乱してGDPも落ち込むのかもしれないけど、やっぱり離脱を選ぶなぁ・・
EUって、やっぱり無理があるのよね。
最初の7か国くらいで止まっていたら良かったんだろうけど、12か国どころか、今じゃ「どこ?」って国もEUに入っていて、お荷物が増えすぎ。

イギリスは、ユーロも導入せず、ポンドで頑張ってきてるし、右ハンドルだし、島国だし・・
抜けるのも簡単ではないだろうけど、ユーロを導入してる国よりは抜けやすい。

これが日本だったらどうでしょ?
アセアンで統一通貨になって、勤勉じゃない人たちの分までお金を払ってあげなくちゃならなくなったら?

嫌でしょ、やっぱり。

EU離脱すると、輸出もできなくなって大変だって残留派の人は言うんだけれど、日本だってEU加盟国じゃないけど、たくさん輸出してるんだから、イギリスも多少の完全関税がかかっても輸出できるでしょ。
それにTPPみたいなので、完全撤廃は別に締結するとかすればいいんだし。
そんなに経済が悪くなるとは思えないんだけどな。

まあ、悪くなるかもだけどね。(;^ω^)

サッチャーさんのころ、景気が凄く落ち込んでた時に、イギリス全土で不法労働者に対して厳しい時期があって、入国審査も厳しい時があったのよ。
そのころ、バブルの日本はすごーいって思われていて、赤いパスポートは水戸黄門の印籠みたいな威力があった。
そんな時ですら、イギリスで働く気なんて全くなかった知人の妹は、働くかもって心配をっされて、ヒースロー到着後、そのまま成田に送り返された。|д゚)

そんな国に1年で16万人もEU圏内から移民が来てしまっては、危機感も募るよね。

日本も難民の受け入れが少なすぎると思うけど、それでも16万人も受け入れるのは反対すると思う。
保守的なもんで・・(;^ω^)

イギリスって日本と似てるよね。
なんだか、離脱の可能性も僅かにありそうな気になってきた。
恐ろしいけど・・・

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.