犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々
介護が必要になった愛犬の為、自宅に居ながらお金を稼ぐ方法を試行錯誤。でも冬牙が旅立ってしまい、苦し紛れに会社勤めをはじめました。
犬の墓じまい
我が家のお寺さん、人間の墓地の横にある花の庭になってる端に、動物のお墓を許可してくれていた。

歴代のワンコは皆、ここに入っている。

冬牙を除いてね。

昔は大型犬でも、自分で大きな穴を掘れば使わせてくれていたけど、人気で他の人たちも大勢ペットのお墓を作るようになって、冬牙が入れる大きさの土地がなかった。

で、昔の子たちは、お墓が動いてしまい、どこに行ったのか・・(;^ω^)

今のお墓には、ハナちゃん、ロクちゃん、ゆうクンの3頭が眠っている。

↓画像は、ゆうクンが入る数年前。
お墓

年末に母がお墓掃除に行った時に、お墓の整備と、動物慰霊塔が新しくなったので、この動物のお墓を年内で撤去してほしいと張り紙があったと。( ゚Д゚)

何もしなければ、お寺さんが骨を掘りあげて、動物慰霊塔へ納めてくれるって事なんだけど、やっぱり他人がするより自分でしたいよね。

ってことで、母と私と姉と姪の4女子で墓掘りに行ってきました。
ま、父のお墓参りもあるしね。(付け足し)(;^ω^)

小さなスコップを持って行ったけど、なかなか進まないので、大きなスコップでざっくざくと。

姉と姪と3人でワーワーキャーキャー、楽しく墓掘り。
母は、骨とか見るのがダメなので、遠くに。(;^ω^)

姪「なにこれ?鶏の骨みたい、ほっそーい。」
私、「それは間違いなくゆう君だわ。
  生きてるときから鶏ガラみたいだったけど、骨になると鶏のまんまだね。」
姪「わぁー!歯が付いてる顎だよ。
  良いのが見つかってラッキー!」
・・・・・まるで宝探しのようでした。(#^.^#)

明らかに小さな骨はゆう君の、ハナちゃんとロクちゃんは大きさは同じくらいだけど、骨の色が違う2種類が出てきたので、どちらの骨も掘り出せたと思います。

私が死んだときに近くにいられるように、掘りあげた骨の半分は、墓地内にある動物慰霊塔に入れ、残りの半分は、庭の月桂樹の下に、冬牙の遺骨の残り半分と一緒に埋めました。

31日に連れてきて、一緒に年越しをして、お節料理をお供えし、お正月に埋めた。

いくら私でも、死んでしまった犬をそのまま庭に埋めることはできないので、骨の状態になるまでお寺で過ごさせてもらえて、本当に良かったと思っています。

ゆう君10月

鶏ガラゆうクン、最期を思い出して、少し泣けました。

みんな、楽しくやってる?
私が行くまで、仲良く待っててね。


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
そうか。。。。
家はアメリカのやり方だから灰になっていれものに入ってきます。
今は3匹のワン君の箱が大、中、小とあります。わたしが死んだら私の灰と一緒にアメリカに撒いてもらう予定。。。だけど。

ゆう君も可愛かったよね😘
2017/01/11 (水) 23:10:38 | URL | kenとアビーのママ #-[ 編集]
冬牙も
kenとアビーのママ様

冬牙も灰になっているから、すでに父と一緒に一部は私が入るはずのお墓に入っています。
犬も土葬できるようなところは、もうないんでしょうね。

ゆう君、見た目はよれよれでも、性格はピカ一でした。(#^.^#)
可愛くて、ご近所ワンコ達にモテモテでした。
2017/01/14 (土) 20:57:02 | URL | トーガ #Z1Pn906.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 犬と暮らすための投資生活・悪戦苦闘の日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.